腸によるトラブル

口臭・体臭が臭くなる

口臭が気になるので何度も歯を磨いてしまう、体臭が気になるから何度もシャワーを浴びたり香水をふきかけてしまうなど、口臭や体臭に悩んでいる方は多いと思います。

この口臭・体臭の元は、実はにある場合があるのです。

sozai

私達は食べたものを便として排泄します。
便はその程度はあるにしろ、臭いを持っています。

食べ物は小腸でほぼ消化吸収され、大腸で残りを吸収し、発酵して便を形成します。

発酵されているために臭いを発するのです。

sozai

腸内環境が正常であれば、発酵された便は規則正しい排便サイクルで排泄されます。

腸内は常に食べたものを消化吸収し、便を形成し、排泄しています。
このサイクルさえ正常であれば腸内の臭いが体外に溢れ出ることはありません。

しかし、この便が腸内に長い時間、留まってしまう、つまり便秘になると、その臭いが体外に溢れ出すことがあります。

sozai

腸内環境が悪化すると、腸内の善玉菌は減少し、悪玉菌が増殖します。
増殖した悪玉菌は有害物質を放出し、腸壁を傷つけ、腸の機能を低下させます。
その結果、便の排泄がうまくされず、長い時間、腸内に老廃物を留まらせることになります。

老廃物は腸の壁にこびりついてしまいます。
老廃物がいつまでも腸壁にこびりついたままであれば、どんどん腐り、さらに悪臭であるガスを放つようになります。

このガスは、傷ついた腸壁から血液中に侵入し身体中にバラまかれ、最終的な排泄器官であるから皮脂と一緒に身体の外に排泄されます。

これが口臭や体臭となるのです。

sozai

腸内環境がこのように悪化すると、いくら歯を磨いても身体を執拗に洗っても臭いのもとを断つことはできません。
口臭・体臭を治すには、その臭いの元となっている、腸内環境の改善が必要なのです。

口臭や体臭がするということは、腸内環境に長い時間、老廃物がたまっている証拠です。
ですので腸内の細菌バランスは善玉菌が減少し、悪玉菌の巣窟となっています。

その結果、正常な排泄がなされていないので、善玉菌を増やして悪玉菌を減少させ、腸の機能を正常に戻してあげる必要があります。

それでは、腸内細菌バランスを改善して腸内環境を整えるためにはどうすれば良いかを見て行きましょう。


1.善玉菌を多く含む食材を摂取する

口臭や体臭が気になるとき、腸内の善玉菌は減少しています。
この腸内の善玉菌を増やすために、善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌を摂取しましょう。

善玉菌を多く含む食材には下記があります。

・ヨーグルト
・乳酸菌飲料
・納豆
・漬物

善玉菌は継続的に腸内に補充すると非常に効果的なので、毎日摂取するのが望ましいでしょう。


2.オリゴ糖や食物繊維を摂取する

善玉菌が減少してから善玉菌だけ摂取していれば良いというと、そうではありません。
善玉菌も生き物です。生き物には食べ物が必要です。

善玉菌にとってエサとなるのはオリゴ糖食物繊維です。

善玉菌を多く含む食材と一緒にオリゴ糖と食物繊維を多く含む食材を摂取する必要があります。

オリゴ糖を多く含む食材には下記があります。

・玉ねぎ
・キャベツ
・ごぼう
・アスパラガス
・じゃがいも
・にんにく
・とうもろこし
・大豆

食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があります。
この両方をバランスよく摂取しないと腸内を改善することができません。

水溶性食物繊維は水に溶け、腸内でゲル状となり、有害物質を吸着して排泄してくれます。

水溶性食物繊維を多く含む食材には下記があります。

・海藻類(寒天、昆布、ひじき、わかめ、もずく等)
・果物類
・にんにく
・ごぼう
・納豆
・豆みそ

不溶性食物繊維は水分を含むと腸内で数十倍に膨らみ、腸壁を刺激して「ぜん動運動機能(便を排泄するための機能)」を高めてくれます。

不溶性食物繊維を多く含む食材には下記があります。

・穀類(そば、ライ麦等)
・豆類( 大豆、小豆、えんどう豆等)
・野菜類(ごぼう、切干大根、ブロッコリー、たけのこ、とうもろこし等)
・イモ類( さつまいも、里芋、山芋等) 
・きのこ類(えのき茸、きくらげ、しいたけ等)

不溶性食物繊維を摂取する際にはたっぷりの水分も同時に摂取しましょう。
そうしないと逆に便が硬くなり便秘になってしまいます。


sozai

私達が普段口にする食材は長く放置していればやがて腐り、ひどい臭いを発するようになります。

それと同じく、腸内に長い時間留まった老廃物からも同じようにひどい臭いを発するのです。

口臭・体臭が気になる場合には腸内環境に目を向けて、ヨーグルトや乳酸菌、オリゴ糖や食物繊維を摂取して腸内環境を整えましょう。