腸によるトラブル

大腸がん

大腸がんは近年増加しているがんの一つです。

sozai

大腸がんとは、その発生する部位によって、結腸がん直腸がんに分類されます。
日本人の大腸がんは直腸がんが多かったのですが、近年の食の欧米化が進み、結腸がんが多くなり、患者数は増加の一途をたどっています。

それでは、結腸がんと直腸がんの症状にはどのようなものがあるのでしょうか?


右側(うそく)結腸がんの症状

・血便
結腸での出血は肛門から弁と共に排泄されます。
その時間がかかる分、便は黒ずんでいます。

・腹痛
・腫瘤(しゅりゅう)を検知
・貧血
・食欲不振
・体重減少


左側(さそく)結腸がんの症状

・下痢と便秘(交互に起こります)
・細い便
・腹部の張り(ガスの滞留)
・おなかがゴロゴロ鳴り腹痛を伴う
・血便


直腸がんの症状

・出血
出血はもっとも多く見られる症状です。
肛門を拭った紙に血がついていたり、便の表面に筋状の血がつきます。

・下痢
下痢は直腸がんの初期状態として現れます。
炎症、軽い閉塞により町の運動が盛んになるために起こります。

・便秘
便秘は直腸がんの進行状態です。
便の通過が妨害されることにより起こります。

・トイレに行く回数が増える
規則正しい排便習慣は乱れ、残便感も現れるようになり、結果トイレに行く回数が増えます。


sozai

それでは、大腸がんはどのような原因のもとに発症するのでしょうか?

大腸がんの最大の原因は食生活の欧米化です。
魚類を除く、動物性脂肪の摂取量の増加が原因の一つと考えられています。

脂肪を多く摂取すると体内から脂肪の消化酵素である胆汁が分泌されます。
実はこの胆汁に含まれる胆汁酸が腸内の発がんに関与しているのです。

さらに食物繊維が不足し、便が腸内に留まる時間が長くなり、発がんを促す胆汁酸も腸に触れる時間が長くなり、発がんのリスクが高まるのです。

sozai

大腸がんのリスクを回避するために下記食品の摂取はなるべく控えましょう。

・油を使った加工食品(ポテトチップスなど)
・魚の干物など、作られてから日が経ち、過酸化脂質が多くなった食品

sozai

逆に腸内細菌を増やし、消化吸収の機能を高め、大腸がんのリスクを回避するために下記食品を摂取しましょう。

・緑黄色野菜
・食物繊維(イモ類、根菜類、海藻類など)
・ヨーグルト
・貝類
・玄米、麦飯
・豆腐


以上のように、大腸がんの原因としては食生活が大きく関わっています。
大腸がんにならないためにも、動物性脂肪の摂取を控え、野菜を中心として食事内容に切り替え、ヨーグルトなどの食品を食べて、腸内環境を整えましょう。