腸によるトラブル

アレルギー症状・感染症

アトピー性皮膚炎喘息花粉症鼻炎の最大の原因の一つに腸内環境が挙げられます。

sozai

腸内には外敵から身を守るための免疫細胞が約6割も存在します。
身体の中で最大の免疫機能です。

免疫反応は、とあるたんぱく質を“異物”と判断したときの攻撃として起こります。
外敵の侵入を防ぎ排除する機能として私達の身体には3重の仕組みがあります。


1.たんぱく質をアミノ酸に分解

胃液のペプシン、膵液(すいえき)のトリプシン、腸液のエレプシンによって分解され、最終的にはアミノ酸に分解されます。


2.IgA抗体によって外敵をブロック

アミノ酸にまで分解されなかった異種たんぱく質は腸管周辺のB細胞が作るIgA(免疫グロブリンA)によってブロックされます。


3.本格的な免疫機能が稼働

それでも侵入してきた異物に対して本格的に免疫軍団であるIgE抗体(免疫グロブリンE)が機能します。
アレルギー反応とはこのIgE抗体による反応です。


sozai

一度、ある食べ物を「異物」と認識した免疫システムは、その後も「異物」と捉えアレルギー反応を起こすのです。

本来であれば3重もの免疫システムによって外敵の侵入を防いでいますが、最大の免疫機能である腸内環境が悪ければ、外敵の侵入を防ぐことができなくなります。

腸内細菌には「善玉菌(人に対して有益な菌)」と「悪玉菌(人に対して有益ではない菌)」とに分けられます。
腸内環境が悪化して悪玉菌が増えると腸壁が損傷することがあります。
この損傷した腸壁から有害な菌や通常吸収されるべきでない未消化物が血液中へ吸収されてしまいます。

その結果、体内に残る異物として免疫システムが作動し、食物アレルギーアトピー性皮膚炎の原因になると考えられます。

sozai

腸内環境が悪化する原因として下記のようなことが挙げられます。

・食事、栄養バランスの乱れ
・ストレス
・抗生物質の多様による腸内細菌の生態系の崩れ

それでは、アレルギー症状や感染症を治すにはどうすれば良いのでしょうか?

sozai

アレルギー反応が起こる原因は腸壁が傷つき、そこから外敵、異物が侵入していることが原因と考えられますので、腸を休ませ、腸内細菌バランスを改善すれば良いのです。

腸を休ませ、腸内細菌のバランスを良くするための方法には下記のようなことが挙げられます。


1.食事量を減らす

腸は1日3食もの量を消化吸収しています。
3食すべて満腹になるまで食べ、肉中心の食生活をしていては、それこそ腸は休まる暇がありません。
アレルギー反応が起きているということは腸壁が傷ついている可能性が高いので、まずはその傷ついた腸壁を治すために、腸を休ませてあげる必要があります。
食事量は腹八分目よりも少ないくらいに減らし、消化に負担のかかる肉はなるべく食べないようにして野菜中心の和食を食べるようにしましょう。


2.善玉菌を増やす

腸に住んでいる善玉菌は実に重要な役目を担っています。

・消化吸収を助ける
・IgA抗体の産生を助ける
・病原菌を排除する
・有害物質を分解、排泄する
・ミネラルの吸収を助ける
・ビタミン、ホルモンを作っている
・免疫の正常な判断を助ける
・糖質の代謝を促進して、ホルモンバランスを改善する

数々の重要な役目を担っている善玉菌を増やせば、腸壁を傷つけている悪玉菌を減少させることができます。
善玉菌を多く含む食材には下記のようなものがあります。

・ヨーグルト
・漬物類
・味噌
・はちみつ
・ポン酢
・バナナ
・納豆

特に納豆菌は悪玉菌を殺す働きを持っています。
納豆菌は腸内の善玉菌になり、他の善玉菌をも増やす万能な食材です。


sozai

アレルギー症状や感染症などは善玉菌が減少して悪玉菌が増殖し、腸内環境を悪化させていることが最大の原因の一つとして考えられます。

まずは傷ついた腸を休ませるために食事量を減らし、食生活を肉中心から野菜中心の和食に切り替え、善玉菌を増やすことを心がけましょう。