腸内環境改善法-食生活

チーズを食べる

チーズが腸に良いのは、乳酸菌が多く含まれているためです。
中には整腸作用のあるビフィズス菌を増やすチーズもあります。

しかし、チーズの種類によっては効果をなさないものがあります。

sozai

チーズにはナチュラルチーズプロセスチーズとに分けられます。

ナチュラルチーズとは、乳を乳酸菌発酵、または凝乳酵素によって凝固させて乳清を除去して熱成させた、自然のままのチーズのことを言います。

プロセスチーズはナチュラルチーズを粉砕して加熱融解し、乳化した後、密封包装したり乾燥させたりしたものです。
プロセスチーズは長期保存が可能ですが、加熱して作る過程で乳酸菌が死滅しており、その分、腸内環境に良い影響を与えることができません。

sozai

腸内環境に良いのは乳酸菌をたっぷり含んだナチュラルチーズです。

ナチュラルチーズには大きく分けて7つのタイプに分類できます。


1.フレッシュタイプ

熟成させないタイプのチーズです。
ヨーグルトにも似ています。
他のナチュラルチーズに比べ、水分が多いのが特徴です。

代表的なチーズには、カッテージモッツァレラリコッタブルソーフロマージュブランなどがあります。


2.白カビタイプ

白カビで表面が覆われているチーズです。
白カビはたんぱく質をアミノ酸に変える働きがあります。

代表的なチーズには、カマンベールクロミエカプリスデューバラカなどがあります。


3.青カビタイプ

別名をブルーチーズと言い、白カビタイプと同様、青カビを混ぜて熟成させたものです。

代表的なチーズには、ブルーゴルゴンゾーラスティルトンロックフォールなどがあります。


4.ウォッシュタイプ

チーズを熟成させるとき、チーズの表面に塩水を吹き付けたり、ワインやブランデーなどを吹き付けたりして作られるチーズです。

代表的なチーズには、エポワスモンドールマンステールなどがあります。


5.シェーブルタイプ

ヤギの乳からできているチーズのことをまとめてシェーブルチーズと呼びます。
チーズの中では乾燥したチーズです。

代表的なチーズには、サントモールヴァランセなどがあります。


6.セミハードタイプ

もっともチーズらしいチーズです。
ミルクを固め、細かく切った後に型に入れて圧力をかけて水分を切り、熟成して作られます。

代表的なチーズには、ゴーダミモレットラクレットなどがあります。


7.ハードタイプ

名前の通り硬いタイプのチーズです。
水分が少ないので長期保存ができます。

代表的なチーズには、チェダーパルミジャーノ・レジャーノエダムなどがあります。


上記ナチュラルチーズの中でも特におすすめなのはブルーチーズです。
ブルーチーズには豊富な乳酸菌はもちろん、整腸作用があり、さらにはガン予防の可能性も含んでいるのです。

また、チーズには虫歯予防の効果や、アルコールによる肝臓の負担を和らげる効果もあり、さらにご飯と一緒にチーズを食べると、血糖値の上昇を抑える効果もあります。

理想的なチーズ摂取量は1日約55グラム、3角チーズだと約3個程度です。
たったそれだけで豊富な乳酸菌を摂取でき、整腸作用が期待できるチーズは腸にとってとても良い食材なのです。

なお、チーズに足りない栄養素はビタミンC食物繊維のため、ラザニアやピザなどのチーズ食材を食べるときには、野菜サラダを一緒に食べれば「完璧な食事」になると言われています。

sozai

少ない量でも豊富な乳酸菌を含むチーズ。

チーズが苦手な方には厳しいかもしれませんが、チーズに抵抗のない方は毎日の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?