腸内環境改善法-食生活

漬物を食べる

漬物には乳酸菌が含まれています。
しかも含まれている量はヨーグルトに含まれている量とほど同じなのです。

さらに漬物に含まれている乳酸菌は生きたまま腸に届くのです。

sozai

乳酸菌には動物性乳酸菌植物性乳酸菌の2種類に分けられます。

動物性乳酸菌はヨーグルトチーズなどの動物性の母体で発酵を行う菌のことを言います。

植物性乳酸菌は漬物お酒など、植物を母体に発酵を行う菌のことを言います。

ただし、スーパーで売っている浅漬など、調味液で漬けられた漬物には含まれていません。
実際に発酵している沢庵漬けやぬか漬け、柴漬けなどには植物性乳酸菌が含まれています。

乳酸菌は善玉菌と呼ばれ、腸に良い菌です。
しかし、ヨーグルトなどに含まれる動物性乳酸菌は99パーセント胃酸で死んでしまいます。
なので、生きたまま乳酸菌が腸まで届くことはほとんどないと言われています。

では動物性乳酸菌は意味がないのかというと、そうではありません。
動物性乳酸菌は胃酸で死んでしまいますが、その死菌体はもともと腸にいる善玉菌の栄養源となり、結果、善玉菌を増やし、活性化させるので、ヨーグルトなどに含まれる動物性乳酸菌は腸に良いことに変わりありません。

胃酸でほど死んでしまう動物性乳酸菌とは違い、漬物に含まれる植物性乳酸菌は、なんと生きたまま腸まで到達します。

人間の胃はph3程度が平均的な酸の度合いと言われています。
植物性乳酸菌はその程度であれば生存し、腸まで到達します。

また、酸だけでなく塩にも耐性をもっており、濃度の高い塩水の中でも生き延びます。

胃酸にも負けず、生きたまま腸に届いた植物性乳酸菌は、直接、腸内の悪玉菌を退治します。
乳酸菌は乳酸を産生するので、腸内を酸性よりに変えることで、アルカリ性の環境を好む悪玉菌は退散せざるをえません。

sozai

乳酸菌には30を超える種類が存在します。
漬物に含まれる乳酸菌は下記の通りです。


1.リューコノストック・メセンテロイデス菌

腸内を酸性にする力を持つため、酸性に弱い悪玉菌を退治し、整腸作用があります。


2.エンテロコッカス・フェカリス菌

マクロファージの活性化、ヘルパーT細胞の活性化、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)の活性化をする働きがあり、免疫力の向上効果があります。


3.ラクトバチルス・プランタラム菌

整腸作用の他、免疫力の向上作用、免疫細胞のバランス改善によるアレルギー症状の予防・緩和・軽減作用があります。
また、大腸菌O-157の腸管付着を抑制する働きもあります。


4.ラクトバチルス・ブレビス菌

整腸作用の他、免疫力の向上作用があります。


5.ペディオコッカス・ペントサセウス菌

整腸作用の他、免疫力の向上作用メタボの予防効果があります。


以上のように、漬物に含まれる植物性乳酸菌は腸内環境を改善するために大変効果的なのです。

sozai

植物性乳酸菌の摂取によって下記のような効果が期待できます。


1.ダイエット効果

乳酸菌によって腸内環境がよくなれば、便秘が解消されます。
便秘が解消され、腸の機能が正常に戻れば、消化や排泄がよくなり、新陳代謝の機能が高まり、結果ダイエットに繋がるのです。


2.免疫力の向上

私達の身体に存在する免疫細胞の7割は腸に存在しています。
乳酸菌の摂取によって腸内環境を改善・維持できれば、大腸の持つ免疫機能が正常に働き続け、結果、免疫力が高まるのです。


3.アトピー性皮膚炎、花粉症の改善

腸には有害な細菌や物質を排除する免疫機能が備わっています。

口から体内に摂取されてしまった細菌や微生物は胃や腸などの消化器官の殺菌酵素によって体内に入るのを阻止します。
しかし、これを突破されてしまうこともあります。
そんな時はマクロファージなどの免疫部隊が出動して細菌と戦い始めます。

これら免疫部隊はヘルパーT細胞という情報司令官が管理しています。
ヘルパーT細胞にはTh1細胞Th2細胞の2種類が存在し、Th1細胞はマクロファージなどの細胞性免疫を担当し、Th2は抗体を中心とした免疫を担当します。

ところが、悪玉菌が増殖した腸内では、Th1よりTh2細胞の方が有利に働いてしまいます。
Th2細胞が働き過ぎて抗体が多くなりすぎると、免疫は過剰反応を起こします。

そのため、通常は防衛する必要のないものにも反応し、結果、かゆみ皮膚炎などのアレルギー症状花粉症が起こりうるのです。

そのため、腸内環境は常に善玉菌を優位にしておく必要があります。
生きたまま腸まで届き、悪玉菌を退治してくれる植物性乳酸菌の摂取はとても効果的なのです。


4.ニキビ、肌荒れの改善

肌は最終的な排泄器官と言われています。
汗は代表的な排泄物です。

腸内環境が良ければ、老廃物は便として排泄されます。
しかし、腸内環境に悪玉菌が増殖し、消化吸収機能が低下して、便秘を発症すると、やがて腐敗した老廃物から毒素が出され、腸壁を傷つけ、そこから毒素や未消化物が血液に侵入し、全身に散らばります。

全身に散らばった老廃物を排泄しようと、ニキビ吹き出物肌荒れとなって排泄されてしまうのです。

植物性乳酸菌を摂取して腸内環境を改善すれば、正常に老廃物は便として排泄され、肌荒れやニキビも改善されます。


sozai

日本古来からの食材である漬物。

その効果には驚くべきものがあります。

近年では漬物を食べる機会が減りつつあります。

しかしこれほど腸内環境に良い食材ですから、毎日の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?