腸内環境改善法-食生活

納豆を食べる

日本古来から食されてきた納豆。

苦手な人もいる一方で、納豆が身体にもたらす効果には驚くべきものがあり、まさに奇跡の食材と言っても良いくらいです。

sozai

納豆には納豆菌が含まれています。

納豆菌は腸内に存在している善玉菌と共同して特殊な酵素を作り、便秘や下痢などで発生した腐敗菌を殺し、善玉菌を増やす働きがあります。

納豆菌の特筆すべきことはその強さです。

善玉菌として、納豆菌の他にも乳酸菌があります。
生きて腸まで届く乳酸菌も存在しますが、納豆菌の強さには遠く及びません。

納豆菌の強さを証明したのは農水省の研究員が行った実験です。
ビフィズス菌や納豆菌などを同時に摂取し、便を採取して便の中に残っている腸内細菌の種類を調べてみると、生きて採取されたのは納豆菌ただ一つでした。

納豆菌以外の腸内細菌は寿命が短く弱いため、随時補給しなければなりません。
しかし、納豆菌は一度食べると4日から5日経ち、便として排泄されてもその中に多量に検出されるほど長く生き続けるのです。

口から入った納豆菌は腸内で分裂繁殖を繰り返し、大腸全体に広がって何日も腸の中を守り、清掃します。
そのため、他の善玉菌よりも持続した高い整腸効果が期待できるのです。

sozai

腸内環境の改善に高い効果を発揮する納豆。
その納豆に含まれる成分を見ていきましょう。


1.ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは納豆のネバネバに含まれる成分で、納豆に含まれる納豆菌だけが作り出せる酵素です。
ナットウキナーゼは大豆と納豆菌の組み合わせでしか生成できません
まさに奇跡の成分と言えます。

ナットウキナーゼは心筋梗塞脳梗塞の原因となる血栓を溶かし血液をサラサラにする酵素として近年、非常に注目されています。

また、強い抗菌作用免疫力を向上させる働きがあることから、感染症予防ガン抑制作用にも期待されています。


2.たんぱく質・リノール酸

納豆のたんぱく質は生活習慣病の原因となる血中コレステロールを低下させ、血圧の上昇を抑える働きがあります。
また、不飽和脂肪酸であるリノール酸はコレステロールをあまり含まない上に、善玉コレステロールを増やす効果があります。
そのため、動脈硬化高血圧などの予防効果が期待できるのです。


3.ビタミンB2・ビタミンK2

ビタミンB2は細胞の再生や成長を促進する働きがあり、健康な皮膚、髪、爪を作ります。
また、脂質の代謝を促進し、糖質の代謝にも関係しています。
さらに粘膜を保護する働きもあるため、口内炎口角炎目の充血角膜炎なども予防できます。
ビタミンB2は摂り過ぎても尿となって排泄されるだけなので、問題ありません。

ビタミンK2はカルシウムが骨になるのを助ける「骨たんぱく質(オステオカルシン)」の働きを高めます。
なお、ビタミンK2を多く含む食品は納豆だけなのです。


4.食物繊維

納豆には食物繊維も含まれています。
食物繊維と納豆菌がさまざまな酵素を生成し、腸の消化を助け、腸内環境を改善してくれます。
その結果、便秘の予防や、ニキビ・シミ・そばかすを抑え、美肌効果もあります。


5.イソフラボン

イソフラボンは大豆にもっとも多く含まれており、女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをします。
なかでも更年期障害骨粗鬆症の予防効果があると言われています。

イソフラボンは女性ホルモンが過剰に分泌した時、それを調整する作用もあるため、乳がん前立腺がん子宮がんにたいしても効果があると考えられています。


6.セレン

抗がん作用があると言われており、アメリカではセレンがすでに抗がん剤として投与されています。


7.ジピコリン酸

納豆のネバネバに含まれ、納豆菌の増殖の際に生成されます。
抗菌作用があり、O-157コレラ赤痢チフスなどに対して強い働きをします。


8.ムチン質

納豆のネバネバのことで、「グルタミン酸ポリペプチド」と言います。
肌を潤す効果があるため、若々しい肌を作ります。
また、たんぱく質の吸収を助ける作用があるため、胃壁を保護して、胃潰瘍胃炎を防止してくれます。


9.亜鉛

納豆に含まれるビタミンB2、亜鉛、マグネシウムなどは納豆の発酵過程でとても吸収しやすい状態になっています。
これらは脂質の代謝に不可欠でアトピーの体質化をとめる効果があります。


以上のように、納豆にはこれほど身体に良い成分が多量に含まれています。
納豆に含まれていないのはビタミンAビタミンCです。
これを補うために刻みネギを入れたり、ビタミンA・ビタミンCを多く含むブロッコリーなどの野菜と組み合わせて摂取することで完璧な栄養バランスとなります。

sozai

1695(元禄8)年に発刊された「本朝食鑑」という本の中に「腹中をととのえて食を進め、毒を解す」という記述があります。

なんと300年も前の日本人は、納豆に整腸作用があることを経験から知っていたのです。

現代社会では納豆を食べる習慣がだんだんと減ってきていますが、これほど腸内に良い食材はなかなかありません。

ぜひ毎日の食事に取り入れてその恩恵を受けましょう。