腸内環境改善法-食生活

味噌を食べる

日本の食卓には欠かすことの出来ない味噌。

その歴史は古く、飛鳥時代(6世紀末)に中国から日本に伝わったとされています。

時代を経て、日本の気候風土に合わせた日本独自の味噌造りの始まりは平安時代後期

およそ1000年以上もの間、日本人の食と健康を支えてきた食品なのです。

sozai

味噌には腸内環境を掃除し、改善してくれる植物性乳酸菌が豊富に含まれています。
ヨーグルトやチーズなどに含まれる動物性乳酸菌は胃酸に弱く、生きたまま腸にたどり着けないのに対し、味噌などに含まれている植物性乳酸菌は生きたまま腸まで届きます。

※動物性乳酸菌は胃酸で死滅しても、死滅した菌が腸で善玉菌のエサとなるため、結果的には腸内環境を改善してくれる非常に有益な菌です。

1000年以上も食されてきた味噌の効能を、昔の日本人は経験から理解していました。
それでは、味噌の効能にはどのようなものがあるのでしょうか?


1.老化防止効果

味噌に含まれるビタミンEダイゼインサポニン褐色色素などには体内の酸化を防止する作用があります。
老化は全身の組織や機能の衰えと、細胞レベルの衰えがありますが、血管や体細胞、脳細胞に過酸化物質が増えると老化が促進されます。

細胞を若々しく保つためには過酸化物質をためないことが重要となります。
味噌にはこの過酸化物質の増加を抑制する働きがあることが研究によって分かっています。


2.胃潰瘍防止効果

味噌には生菌効果があります。
味噌汁を毎日、または時々飲んでいる人は全く飲まない人に比べて胃潰瘍などの病が少ないという研究結果があります。
20~50歳の間では特に大きな差はないものの、60歳以降になると、飲んでいる人は特に胃潰瘍にかかりにくいという高い数値が出ました。

味噌汁を長期にわたって飲み続けることが胃潰瘍などの病を予防できるのです。


3.ガン予防効果

大豆に含まれる有効成分は、胃がん肝臓がん乳がん大腸がんなどを予防する働きがあります。
1981年の研究結果によって、味噌汁を食べる頻度の高い人ほど、胃がんによる死亡率が低いということが分かっています。


4.消化促進作用

味噌のたんぱく質は発酵過程で20~40パーセントほどが分解されてアミノ酸化しています。
本来、消化吸収に時間のかかるたんぱく質の中では消化吸収の良い形になっているのです。

さらに味噌には活性度の高い消化酵素もたくさん含まれているため、他の食費の消化吸収を助ける働きも担っています。


5.タバコの害を防止

昔から「タバコ好きには味噌汁」と言い伝えられてきました。

江戸時代、ヤニで詰まったキセルの掃除に味噌汁を流し込むと、水やお湯では落ちなかったヤニがキレイに除去できたことによる言い伝えです。

味噌汁にはタバコの害から身体を守る作用があります。
味噌汁に含まれるビタミンB群にはタバコの有害分を取り除き、喉を守る作用もあります。


6.放射性物質の除去

1986年のチェルノブイリ原発事故の後、チェルノブイリやヨーロッパ諸国への味噌の輸出が急増しました。
味噌に含まれるピコリン酸放射性物質を吸着して排泄する作用があるのです。


7.毒素分解作用(整腸作用)

味噌の中に含まれる食物繊維は腸の掃除をしてくれます。
また、味噌に含まれる善玉菌は腸内の腐敗菌有害物質を排泄してくれます。

そのため毎日、味噌汁を飲むことで、腸が掃除され体調を整えることができるのです。


sozai

私達の身体にとても有益な味噌ですが、市販されている味噌の中には残念ながら発酵食品と謳っていながら発酵しておらず、味噌の効果を得ることができない商品も存在しています。

インスタントの味噌汁の中には菌は生きていません。
菌が生きていると発酵が進み、商品が変色したり、膨れたりしてしまうためです。
これでは食べても腸内を整えることはできません。

そこで味噌選びのポイントを下記に記載致します。


1.天然醸造であること

天然醸造とは、仕込んでから人為的な操作をせず、自然の気温差でゆっくり発行した味噌です。

市販の味噌の多くは、短期間で急速に発酵させる方法をとっており、有効成分も旨味も味もなく、「だし」という名の化学調味料を添加することで味付けをしているに過ぎません。

また、原材料名に「酒精」が含まていているものもありますが、これはエチルアルコールで乳酸菌や酵母菌を殺して発酵を止める役割をもっています。
発酵を止めないと、ガスが発生して密封された容器が膨らむなど、流通上扱いづらくなるためです。

天然醸造の味噌は容器に空気穴があったり、使用上の注意に「袋が膨らむことがある」旨の記載がされていますので、「天然醸造」というキーワードと合わせて選ぶポイントにしましょう。


2.国産大豆であること

無農薬有機栽培国産大豆がベストな味噌です。

大豆のほとんどは輸入大豆です。
輸入大豆は農薬が含まれていたり、遺伝子組み換え大豆である懸念があるのです。


sozai

私達日本人は1000年もの間、味噌汁を食べ続けることで、その効能を無意識的に実感しています。

現在流通している市販の味噌には植物性乳酸菌が含まれていないものが多くあります。

毎日食べることが理想ですので、手作り味噌を作って常備しておくのも良いでしょう。

発酵過程の違いによって各家庭でその味は千差万別です。

友達同士で手作り味噌の味比べなども楽しそうですね。