腸内環境改善によるメリット

免疫力をつける

免疫力という言葉を良く耳にするかと思いますが、その免疫細胞の約6~7割が腸に存在しているということをご存知でしょうか?

腸は外敵の侵入を防ぐ最大の免疫器官なのです。

sozai

私達の身体は口から食べ物を摂取して、胃、腸、肛門へと送られています。

胃は食物を分解し、小腸で消化吸収され、大腸で残りの消化吸収と便の生成を行って排泄しています。

さらに大腸には病原体となる細菌ウイルスなどの侵入を防ぎ、排除する重要な役割を持っているのです。

この腸内の免疫細胞を強くすることが免疫力を高めるスイッチとなるのです。

この大事な腸内の免疫細胞である腸内細菌が減ってしまうと、様々な病を発症する可能性が高まります。

sozai

腸内環境の免疫細胞を強くするためには下記のような生活習慣を心がけましょう。


1.食生活の改善

私達は食事によって免疫力を高めることができますが、肉中心などの高脂肪な食事を続けていると、悪玉菌を増殖させて腸内環境を悪化させてしまい、免疫力を下げてしまいます。

まずは食生活を肉中心から野菜中心のヘルシーな食事に切り替え、食物繊維善玉菌を多く含む食材を積極的に摂取しましょう。
また、お腹いっぱい食べることは避け、腹八分目も心がけましょう。

善玉菌が多く含まれるものには下記があります。

・ヨーグルト
・乳酸菌飲料
・漬物
・納豆
・チーズ

また、食物繊維には水溶性食物繊維不溶性食物繊維があります。
この2つをバランスよく摂取しましょう。

水溶性食物繊維を多く含む食材には下記があります。

・海藻類(寒天、昆布、ひじき、わかめ、もずく等)
・果物類
・にんにく
・ごぼう
・納豆
・豆みそ

不溶性食物繊維を多く含む食材には下記があります。

・穀類(そば、ライ麦等)
・豆類( 大豆、小豆、えんどう豆等)
・野菜類(ごぼう、切干大根、ブロッコリー、たけのこ、とうもろこし等)
・イモ類( さつまいも、里芋、山芋等) 
・きのこ類(えのき茸、きくらげ、しいたけ等)


2.適度な運動をする

運動によって身体を温め、免疫力を高めることができます。
ただ、激しい運動をすれば良いというわけではありません。
むしろ少し汗ばむ程度の軽い運動の方が腸内環境を整えるためには効果的です。

自分に合った適度な運動を習慣化しましょう。


3.入浴で身体を温める

ゆっくりと入浴することで身体を芯から温めて免疫力を高めることが出来ます。
38~40℃くらいのお湯に20~30分ゆっくり浸かるのが効果的です。


4.ストレスを和らげる

ストレスを和らげるためには「笑う」ことが重要です。
なんと、笑うと免疫細胞が活性化するという研究データもあるのです。
さらに笑うと血行も良くなり、ストレスに関わるホルモンが減少し、心が穏やかになるという効果もあります。


sozai

免疫細胞の6~7割を占める腸。
健康は腸に左右されると言っても過言ではありません。

腸の重要性を認識し、日々の食生活や生活習慣を見直して腸内細菌バランスを整えて健康維持を心がけましょう。