腸内環境改善によるメリット

神経伝達物質を作る

脳に必要なセロトニンドーパミンなどの神経伝達物質をご存知でしょうか?

これらは「幸せ物質」と言われ、これらの物質が正常に分泌されていれば、人間は前向きな気持になり、幸福であると実感できることが分かっています。

この精神状態を左右するセロトニンやドーパミン、実はが作っているのです。

sozai

セロトニンはトリプトファンから作られ、ドーパミンはフェニルアラニンから作られます。
セロトニンとドーパミンは、リラックス感やる気幸福感をもたらします。

この神経伝達物質はすべて脳内で作られているのではなく、ほとんどが腸内で作られ、セロトニンにいたっては95パーセントが腸内で合成されています。

このセロトニンは「幸せ物質」と言われ、その多くが脳に達すれば幸福感も倍増します。
しかし、セロトニンは脳血液関門という関所を通ることができず、脳内に入れません。
逆に増えすぎると過敏性腸症候群を引き起こしかねません。

そこでうまく働くのが前駆物質と呼ばれるものです。

前駆物質とはある物質が生成される前の段階の物質のことです。

セロトニンの前駆物質はトリプトファンです。
このトリプトファンは脳血液関門を通過することができます。
通過したトリプトファンは脳で神経伝達物質に変わり、脳に作用することができるようになります。

つまり、腸内細菌がたくさんの前駆物質を作ることができれば、脳に十分送られて幸せ物質となって良好な精神状態が形成されるのです。

sozai

しかし、ここで最大の敵となるのがストレスです。

強いストレスが長く続くと、腸内環境がカテコラミンという分泌を増やし、このカテコラミンを持つ大腸菌が多く増えることで腸内細菌バランスを崩すということが分かってきました。
そうなると頭痛不眠立ちくらみなどの様々な身体症状が現れます。

また、強いストレス下ではビタミンB6B12葉酸が減り、ホモシステインが増えだします。
このホモシステインは動脈硬化骨粗鬆症アルツハイマー型認知症の原因となる物質です。

このように強いストレスを感じている期間が長ければ長いほど、腸内環境は悪化して、脳に必要な神経伝達物質の生成ができず、精神状態は不安定となって、うつ病などを発症する原因となるのです。

sozai

現代はストレス社会です。
ストレスをなくそうと思ってもそう簡単にはいきません。
だからこそ、腸内環境の改善・正常維持が重要となります。

腸内環境を改善し、セロトニンやドーパミンを生成して脳に送らなければなりません。

それでは、そのためにはどのようにすれば良いのでしょうか?


1.食生活の改善

ストレスの原因が食生活にあるとはあまり考えないでしょう。
しかし、幸せ物質であるセロトニンやドーパミンの生成を腸が担っているのであれば、まず第一に腸内環境を改善することが必要となります。

そのためには食生活の改善が必要不可欠なのです。

肉などの高脂肪な食事を中心とする食生活を続けていれば、腸内環境の細菌バランスは悪化する一方です。
悪玉菌が繁殖して、正常な消化吸収、さらに神経伝達物質の生成もできなくなるのです。

野菜を中心としたヘルシーな和食に切り替え、善玉菌を含んだヨーグルト乳酸菌飲料などを摂取し、同時に水溶性食物繊維不溶性食物繊維を摂取する生活を続けて、腸内環境を改善しましょう。


2.生活習慣の改善

不規則な生活睡眠不足運動不足は腸内環境を悪化させ、神経伝達物質の生成に支障をきたします。
その生活を続けていればセロトニンやドーパミンが十分に脳に送られずに、幸福感を感じることができず、うつ病を発症する可能性もあります。

規則正しい生活習慣を心がけ、十分な睡眠をとり、適度に運動をして腸内環境の機能を活性化しましょう。


3.ストレスの解消

強いストレスが長く続くと、腸内環境は悪化し、セロトニン、ドーパミンの生成が不十分となります。
また、動脈硬化や骨粗鬆症、アルツハイマー型認知症の原因ともなります。

現代社会においてストレスを切り離すことはできませんが、生活の中に適度な運動を取り入れたり、自分だけの趣味の時間を持つなど、できるだけストレスを発散できるようなことを見つけて習慣化しましょう。


sozai

精神状態を左右するセロトニンやドーパミン、これらは脳に必要な物質です。
てっきり脳で生成されているものであると認識していた方は多いのではないでしょうか?

しかし、セロトニンやドーパミンは腸で生成されます。
つまり幸せを左右するのは腸内環境であるといっても過言ではありません。

そして腸内環境を左右する最大の要因は食生活です。
幸せは日々の食生活から始まるのです。