腸内環境改善によるメリット

自律神経の正常化

自律神経という言葉を聞いたことがあるかと思います。

自律神経とは、循環器消化器呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経です。

この自律神経は腸内環境にも左右されるのです。

sozai

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

交感神経とは、身体の活動時や昼間に活発になる神経です。
交感神経の作用には下記があります。

・血管を収縮し血圧を上げる
・心拍を上昇させ、心臓の働きを活発にする
・胃腸の働きを抑制する
・唾液の量を抑える
・気管支を拡張させる
・排泄を抑制する
・瞳孔が広がる

分泌腺、血管、内蔵などを支配します。
精神興奮や運動の際、唾液を分泌し、血圧・血糖を高め、皮膚・内蔵の血管を収縮させて血液を筋肉や脳に集めるなど、およそ全身の活動力を高める働きを担います。

副交感神経とは安静時や夜に活発になる神経です。
副交感神経の作用には下記があります。

・血管を拡張し、血圧を下げる 
・心拍を低下させ、心臓の働きを抑制する
・胃腸の働きを活発にする
・唾液の量を増やす
・気管支を収縮させる 
・排泄を促す
・瞳孔を縮小させる

交感神経が身体のエネルギーを放散するのに対し、副交感神経は身体にエネルギーを蓄積する働きを担っており、たとえば心臓に対して交感神経は心拍数を増加させますが、副交感神経は心拍数を落ち着かせる働きがあります。

交感神経と副交感神経を車で例えると、交感神経はアクセルで、副交感神経はブレーキと言えます。

この2つのバランスが崩れると「自律神経の乱れ」となります。
自律神経が乱れると、身体に様々な不調が現れます。

意識的に動かしたり止めたりすることができない腸や心臓は、自律神経がコントロールしています。
腸、血液、自律神経は互いに影響しあって成り立っています。
このうちいずれかがトラブルを起こせば、連鎖して他の状態も悪くなり、生活習慣病などを発症するのです。

sozai

血液は腸で作られていると考えられます。
血液が汚れる原因には便秘などがあります。
腸内環境の善玉菌が減少し、悪玉菌が増殖すると老廃物が長い時間腸内に滞ることになります。
この状態が便秘です。
便秘が続くと、やがて悪玉菌は毒素を排出し、腸壁を傷つけ、そこから毒素や未消化物などが血液に侵入し、血液がドロドロに汚れ、栄養や酸素をスムーズに全身に送ることができなくなります。

腸内環境が悪くなると、副交感神経の活動も低下します。
そのため、身体はリラックスすることができず、交感神経が活発な状態が続いてしまい、ちょっとしたストレスに対しても敏感に反応するようになります。

しかもストレスはさらに腸内環境を悪化させるという負のスパイラルが起きてしまいます。

sozai

それでは、自律神経のバランスを保ち、腸内環境を健康に保つにはどうすれば良いでしょうか?


1.食生活の改善

暴飲暴食、高脂肪な食事の過剰摂取などは腸内環境を悪化させます。
また、極端に食べなさすぎることも腸にはよくありません。
食物繊維を摂取できるように、野菜中心のヘルシーな食事を1日3食バランスよく食べましょう。
朝食は軽くても良いので欠かさずに食べましょう。
朝食を食べることによって、体内時計をコントロールする時計遺伝子にスイッチが入り、腸のぜん動運動を促して、副交感神経をアップさせることができるからです。


2.毎日、様々な種類の乳酸菌を摂取する

腸内の善玉菌を増やすことが腸内環境を良好に保つためには必要です。
さらに善玉菌も生き物ですので、その数を一定に保つには毎日摂取する必要があります。
乳酸菌はヨーグルト乳酸菌飲料納豆つけもの味噌などに多く含まれますので、これらをバランスよく毎日摂取しましょう。
乳酸菌のサプリメントで摂取しても良いでしょう。


3.ゆっくり動作する

自律神経のバランスはちょっとしたことで乱れてしまいます。
例えば、ちょっと焦った程度だったとしても、交感神経の働きがぐんと上がります。
日常生活において、意識的にゆっくり動いたり、ゆっくり話したりすると副交感神経の働きが高まりますので、取り入れてみましょう。


4.ゆっくり深い呼吸をする

深くゆっくり深呼吸をすると、副交感神経の働きが高まり、血圧も安定し、心が落ち着きます。
特に瞑想をおすすめします。
瞑想はゆっくり深い呼吸をすることで心の平穏を保つ手段でもありますので、数分程度でも日常に取り入れると良いでしょう。


5.ジョギングよりもウォーキング

ジョギングは呼吸が速く、浅くなるため、交感神経が活発になり、副交感神経の働きが低下します。
特に中高年の方は、深い呼吸を保ちながらのウォーキングがおすすめです。


6.十分な睡眠をとる

睡眠不足は自律神経のバランスを著しく狂わせます。
徹夜などをした翌朝は副交感神経がほとんどあがりません。
6~7時間の睡眠はとるようにしましょう。


7.自律神経を整えるためにストレッチをする

とくに脇腹の筋肉を伸ばすことで腸を刺激し、血流を上げることができます。
両手を上にあげ、上半身をゆっくり左右に倒すだけでも効果がありますので、実践してみましょう。


sozai

腸内環境を良好に保つには副交感神経の働きを高める必要があります。

それは日々の食生活、生活習慣にほぼ左右されると言って良いでしょう。

自律神経、血液、腸、このバランスを意識して生活することで、身体の健康が保たれるのです。